新潟米コシヒカリを産地直送で通販

新潟県関川村産コシヒカリ もんじゃ米


新潟米コシヒカリ もんじゃ米

新潟米コシヒカリ もんじゃ米をお届けします!

新潟米コシヒカリ「もんじゃ米」をお届けします!新潟県関川村で経験豊富な農業のプロがこだわりの方法で作り上げたお米は絶品!魚沼産、佐渡産と並び新潟県内で「特A」産地の岩船産コシヒカリ。ぜひお試しください!

新潟米コシヒカリ まがも米

新潟米コシヒカリ「まがも米」をご賞味ください!

新潟コシヒカリ「まがも米」をお届けします!農薬は不使用、化学肥料や除草剤も一切使わない、自然農法で育てました。マガモ放し飼いによる除草で、安全で美味しいお米をご賞味いただけます。


人気ランキング

人気No.1 人気No.2 人気No.3
新潟米コシヒカリ もんじゃ米 【白米(精米) 10kg】 新潟米コシヒカリ もんじゃ米 はさかけ米 【白米(精米)・5kg】 新潟米コシヒカリ まがも米 【白米(精米)・0kg】
新潟米コシヒカリ もんじゃ米
【白米(精米) 10kg】

5,500円(税込・送料別)
新潟米コシヒカリ もんじゃ米
はさかけ米 【白米(精米)・5kg】

3,750円(税込・送料別)
新潟米コシヒカリ まがも米
【白米(精米)・10kg】

6,800円(税込・送料別)

ペットボトル米で美味しくて安全な新潟米コシヒカリをお届けします!

新潟県北部に位置する関川村(せきかわむら)。この地区で栽培されている岩船産コシヒカリは、魚沼産・佐渡産と並び、新潟の三大銘柄の1つです。飯豊連峰から流れる豊富な水資源を利用し、昔から米作りが盛んな地域であり、その品質は県内外で高く評価されています。こうした地理的条件に加え、こだわりの栽培方法も美味しさの理由。減農薬、減化学肥料栽培によりコシヒカリが本来持つ旨味を引き出します。

関川村が一年で最も熱くなるのは夏に行われる「大したもん蛇まつり」の時。パレードでギネス認定の世界一長い手作りの蛇が練り歩く非常に有名でユニークなイベントです。このお祭りをネーミングの由来とする新潟米コシヒカリ「もんじゃ米」を、産地直送でお届けします!ぜひご賞味ください!

えちごせきかわ 大したもん蛇まつり

えちごせきかわ 大したもん蛇まつり

このコシヒカリのネーミングの由来としている「大したもん蛇まつり」は、昭和42年8月28日に発生した羽越大水害と、関川村に伝わる大蛇伝説「大里峠」をテーマにした祭りで、昭和63年から行われています。

川又さんメインのパレードに登場するのは何と長さ82.8m、重さ約2トンの巨大な蛇!「竹とワラで作った世界一長い蛇」としてギネスブックにも認定されています。

蛇は村の54集落が分担して胴体を作り、頭部とその胴体を繋ぎ合わせて出来ています。毎年8月下旬に行われる「大したもん蛇まつり」をぜひ見に来てください!大したもん蛇まつりについてはこちらのページをご覧ください。

このお祭りで必ずヒーローになるのが川又さん。もも引きにはんてん、足にはワラジ、背中には米俵、手には斧という出で立ちで、大蛇行列を先頭で引っ張ります。実はこの「名物おじさん」である川又さんがもんじゃ米を作っているのです。愛情込めて作った新潟米コシヒカリ、ぜひご賞味ください!


新潟米コシヒカリ「もんじゃ米」メディアに掲載されました!

■京三サーキュラー Vol.62 No.3 通巻301号 (発行:(株)京三製作所)
当店のコシヒカリをお召し上がりいただいた方が、「はさかけ米」をご自身が執筆する雑誌の記事にしてくださいました。はさかけ米の作り方や関川村の大したもんじゃ祭りについてなど、詳しく書いてくださっています。PDFで掲載していますのでぜひご覧ください!
琵琶湖を巡る街道と鉄道(4) 執筆:江崎 昭

新潟米コシヒカリ「もんじゃ米」お客様の声

  • ・冷蔵庫にそのまま入るのでとっても便利ですね。我が家はダンナとの2人暮らしなのでサイズもピッタリ。もちろんお米もとっても美味しかったですよ。また注文しますね。
  • ・実は関川村出身の者です。親戚へこのコシヒカリを贈ったらとても喜ばれてこちらも嬉しくなりました。
  • ・「大したもん蛇まつり」は何度か見に行ったことがあるのですが、コシヒカリも販売しているんですね。あの名物おじさんが作ったお米であればということで早速購入しました。さすが関川村。さすが新潟米コシヒカリ。ツヤも香りも味も完璧でした!

お買い物ガイド

お買い物ガイド